FC2ブログ

エクステンションマガジンモドキ


エクステンションマガジンモドキ


エクステンションマガジン(またはエクステンションチューブ)は通常ショットガンの装弾数を増やすものですが、日本の法律ではマガジンは最大2発なのでエクステンションマガジンが必要なになることはありません。
aodstgn.jpg



エクステンションがついていないレミントンでもベネリでもマガジン自体の長さだけみると4ー5発は入りそうですが、実際は溶接されていたりリミッター棒が入っていて2発しか込められないようになっていますね。ぼくは怖いのでチューブを自分であけたことないですが、最近の銃は改造防止対策がかなり手が込んでいて簡単に装弾数が増やせないようになっているらしいです。(らしいと言うのは自分で中身を見たことがないからですね)





ベネリM3はチューブカットされているものが多くなってきていますが、未だにマガジンが長いものも残っています。M870マリンマグナムはエクステンションマガジンが標準装備ですね。ベネリM4は構造上カットすることはできないようです。
870mmbnlm3.jpg
マリンマグナムは聞く話、エクステンション側には装填不可加工はされていないようです。






エクステンションマガジンモドキは探して見ると...
普通に銃砲店で販売されていたりします。


bsextmag1.jpg
上からU銃砲店、K銃砲店、Freely





エクステンションマガジンなんてあっても重いだけでメリットなんて…


かなりコジツケ感はありますが、あるにはあります。
※デメリットの方が多いです。



・バランサーウェイトとして使える

エクステンションはバレル側を200〜300g重くすることができます。ハンティングではただ重いだけですが、標的射撃となると自分の好みに合わせて重量バランスを変えることができますね。知り合いでA400使っているシューターは「軽すぎるからちょっと重くしたいね」と言われていました。ぼくも先日MSSー20でスキートを撃ってきた際にベネリでは感じたことがない安定感を感じた ーーーような気がしました(めったに撃たないので数撃たないとわかりません)上下二連は教習以来撃ってないのでわかりませんが、上下二連の重心は気持ちバレル側にあるのかなと思います。それを考えるとエクステンションマガジンはレピーターやオートのバレル側を重くするバランサーウェイトとして役に立つのかもしれません。 かもしれません....。




見てくれが変わる

見てくれを求める人は多いのかU銃砲店やK銃砲店ではM870やベネリ用のエクステンションマガジンが販売されています。ぼくが持っているエクステンションモドキを紹介します。




レミントン M870用 エクステンションモドキ

IMG_5887.jpg

U銃砲店にてM870用のエクステンションモドキを購入しました。


レミントン純正の8shot、バレルと同じガンブルーモデルです。

これは弾が入らないように穴が塞がれてスプリングも付属していません。単に長いマガジンキャップと同じですね。付属のバレルクランプにスリングスイベル取付用アタッチメントがついています。このレミントン純正のバレルクランプにはひとつ悪いところがありまして それはクランプを締めすぎるとバレルが反ってしまうことです。バレルが反ると着弾がズレます。かなりズレます。ただこの純正バレルクランプはあまり締めなくても構造上スッポ抜けることはありません。ネジが緩まない程度に軽く締める分は問題はありません。



IMG_9590.jpg

取り付けるとこんな感じです。





注意点

全長変更が必要になる場合

注意事項ですが、元銃登録が20インチバレルの場合、バレルよりもエクステンション側が長くなってしまいます。所轄によっては全長変更を求められる場合もあるので購入前に事前相談しておくことをオススメします。


メサタクティカル製 レイルシステムを取付ける場合

mstc870lngr.jpg

このようなロングレイルシステム(一部では”背骨”と呼ばれてたり)を取付ける場合、フロント側をエクステンションに固定する為、エクステンションが必須となります。ヤフオク等で見かけることがありますが、もし取付けるを検討されているならエクステンションを探しておいた方がいいでしょうね。







ベネリM2用 エクステンションモドキ


IMG_0849.jpg

IMG_0850.jpg

ブライリー製のエクステンション 同じく弾が入らないように内部にリミッターが接着してあります。スプリングもありません。Freelyで購入しました。


基本的にはレミントンと同じものです。ただブライリー製のエクステンションはバレルクランプが付属していません。しかしかなりガッチリ取付けることができ、ガタは皆無です。クランプがないのでエクステンションに直接スリングスイベル用アタッチメントが装備されています。



バレルクランプがないのでバレルには干渉がありません。とてもいいですね。


IMG_1153.jpg

取り付けるとこんな感じです。





このお店ではベネリM2用以外にもベレッタA400レミントンバーサベネリスーパーブラックイーグル向けのエクステンションモドキ(もといバランサーウェイト)も販売されています。他にも大型のボルトリリースボタンやセイフティなどプラクティカルなパーツが多くて目を引きます。海外の3ガンマッチ等のスピードシューティング競技界隈ではこういった部品を組み込んだ軍用・タクティカル路線と違ったカスタムショットガン市場があります。クレー射撃に限って言えば不要なカスタムですが、個性的な銃に仕上げることができますね。





銃に個性を

クレー射撃大会等にいけばわかりますが、ほとんどが木製銃床と黒光りの銃が多いです。こんな話がありまして…射撃場で全く同じ銃を2人の猟師が取り違えてしまい、銃検で銃番号が違うことが発覚…両者とも取り消し処分…。そんなかなしいケースもあったようです。いくら自分が気をつけていても誰かが自分の銃を持って行ってしまったら…?? シューター人生は終了です。


自分の銃だとパッと見でわかる…。誰が見ても自分の銃じゃないとわかる…。意外と重要なことなのかもしれませんね。そういう意味で言えば銃にカスタムパーツを組み込むことにもメリットがあるのかもしれません。パーツは無理でも好きなステッカーやガンメーカーのロゴシールをいれるといいかもしれませんね。


大型のボルトリリースボタンやセイフティはハンティングにおいてメリットがあると思います。大型パーツに換装することで操作性向上が期待できますね。



エクステンションは、、、、


筋トレがしたい!


マズルジャンプが抑えられるし!!


カッコいいじゃん!!


銃を重くしたい!!


いろいろ考えはあると思いますが…少しでもほしいなーっと思われた方、日本での流通はメチャクチャ少ないので銃砲店に在庫があったらポチりましょう! ほしいと思った時にはだいたいないものですw




メリットデメリットなんて知らん!カッコいい からヨシ!と思われたらポチっとお願いします。

↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
↑↑↑
関連記事

スポンサーリンク