【単独忍び猟】 H30年度 出猟ログ 12月上旬

※閲覧注意 当ブログは辺境僻地で独り細々と狩猟をしている末端狩猟者のブログです。飛び出した内臓や大きな銃創等の残酷な写真は控えていますが、死んだ動物の写真があります。そういった写真が苦手な方は閲覧をお控えください。サベージM210 ハーフライフルでの出猟ログスコープをZeiss Conquest 2-8x42 からVortex Viper PST GEN2 1-6x24にのせかえました。Zeissはレンズはいいですがアイレリーフが短いので余裕を持って据銃でき...

レミントンM1100 ハーフライフル インプレッション

レミントンM1100 LT-20 ハーフライフルのインプレです。レビューは猟場でたくさん使ってからアップしますね。レミントンM1100 LT-20 ハーフライフル言わずと知れたレミントンのロングセラーオート20ゲージレシーバーのライトウェイトモデルです。ハスティングバレルこのM1100についているバレルはフランスのハスティングス社製バレルです。レミントン純正カンチレバーマウントと違ってワンピーススチールベースの銀ろう付けで剛性...

スマホとモバイルバッテリーの携行で使用しているポーチ

スマホを携行されている方がほとんどと思います。どのように持って歩いてますか?写真や動画、ツイッター等いろいろやるので意外とバッテリーを使ってしまいます。圏外なのでウッカリ機内モードにし損ねるとあっという間になくなります。スマホもモバイルバッテリーもバックパックに放り込む、ポケット、ポーチ…いろいろありますが、ぼくが使ってるポーチは便利なので紹介します。グレゴリー パデットケースグレゴリーのスマホや...

単独猟でオススメのスコープ

※これがセオリー!これが常識!これがイチバン!というものではありません。イチ個人の考えと思ってください。エゾジカ猟やロングレンジライフルでの待ち伏せ猟ではなく、スムースボア、ハーフライフルを用いて杉山や開けた森を歩いてニホンジカを単独忍び猟で撃つ場合にオススメなスコープを紹介します。単独忍び猟でニホンジカを撃つぼくは単独忍び猟でニホンジカをよく撃ちます。単独忍び猟というスタイルはハンター人口全体か...

狩猟で使うアイウェアのススメ

ぼくは3年ほど前からハンティングでサングラスを掛けています。これはカッコつけているわけではなくサングラスをしている方がいろいろとメリットが多いからです。サングラスに要求するのは大きく分けて2つ・目の保護・視認性の向上自分が求める性能や猟場の条件、値段を考えてサングラスを選ぶ必要があります。目の保護を優先する場合ボレーセイフティ ラッシュプラスボレーセイフティ ラッシュプラス クリアレンズはAEGハンター...