スポンサードリンク

犬なし単独忍び猟で使わなくなった道具

スポンサードリンク

「狩猟はじめるならコレだけは買っとけ!」
「アレはどう考えても山で使えるだろ…!!」

普段は便利グッズレビューが多いですが、逆に今回はぼくなりに
「単独忍び猟にこれはいらないよ…」「使わなくなったな」という道具をピックアップしてみました。




↓こっちはめっちゃオススメする道具のピックアップです。
「狩猟デビューする猟師に本気でオススメする装備」
















単独忍び猟で使わなくなった道具
IMG_5880.jpg
この写真は数年前の標準装備 この中のほとんどのモノは使わなくなったか他の道具に置き換えられた。
・ジェットボイル⇒基本的に湯沸かしオンリーなので使わなくなった
・防水(?)ケース⇒ジップロックに
・パラコード⇒吊るさなくなった
・小さいスコップ⇒掘りやすい大きめの折り畳みスコップに
・ストロボ⇒遭難したらと思って…いらんわな…
・自撮り棒⇒三脚に















無線機

IMG_5879.jpg
「狩猟の必需品といればコレ!」といった感じでしょうか?アイコムのこの無線機、わざわざアマチュア無線免許とコールサインまで取得しましたが全く使ってません。去年は1度も持って行ったこともありません。
「ソロで誰と話すんですかね???」
狩猟をする上で必需品みたいなイメージだったので勢いで買いましたが、単独忍び猟で使わないんですねコレが…。強いて言うならそう遠くない山で銃声や犬の声が聞こえた時にサーチするくらいです。「ハッハッハッ!」という犬についている無線機と軽トラコンボイからの無線が飛んできます。



持ってて損するもんじゃないけど…まぁグループ猟するハンターには必需品ですね。逆にする予定がないなら買わなくていいですよホント 免許もコールサインも高いです。





















狩猟刀・剣ナタ

IMG_5878.jpg

これもまた「猟師といえば!!!」という感じでこれ見よがしに銃砲店で売られていますよね。「猟師なら…いるだろ…。」くらいの気持ちで買ったトヨクニの剣ナタ…いくらするのかは想像にお任せします。これは止め刺しをする為に分厚いブレード、長い刃渡りがあり、ヒルトが高いわけですが
『生きてる動物(半矢含む)にナイフを突き立てることがないんですよね』
暴れる動物にわざわざナイフで挑む必要性を感じませんし、危険です。「銃禁に逃げ込まれた」とか「犬に弾があたる可能性があるから」とかならわかりますが、単独忍び猟はハンターマップが真っ白な僻地で、犬もいないので自分とバックストップさえ気を付けていればいいです。わざわざ危険を冒してナイフを突き立てる必要が全くありません。というよりだいたいは棒立ちしてるシカやイノシシを撃つのでほぼほぼ絶命しています。それに長いナイフを突き立てる必要性を感じません。解体にも使いにくく、持ち歩くにも重いので結局は県外のハンターさんに譲りました。ところでどうしてこの形状にこだわる人が多いのか…刃渡りがあって剛性の高い突き刺しに特化したヒルトの高いナイフっていくらでもあると思うんですがね? 勇者は諸刃の両手剣、侍は日本刀、日本の猟師は剣ナタといった具合に「猟師っぽいから!」「だってカッコイイし!」という人も多いと思います。実際ぼくも「猟師っぽい」から買ったわけですし、カッコイイは楽しむ上で重要ですから気持ちはすごくよくわかります。
カッコイイは正義!ロマン命!性能二の次!で持ってるアイテムぼくにもあります。



















GPSマップ(ガーミン eTrex20)


IMG_1996.jpg
『単独忍び猟はヒトリ…迷うのが怖い…!GPSマップは必須!』と思って買ったeTrex20ですが
『熟知してる山でGPSマップなんて見ないんですよね』
この尾根がどこに降りていて、あの道のこの変に出るということがわかっててGPSマップなんて見ないんですねこれが…。さらにこのeTrex20は分厚くて嵩張るんですよ。腕にくくりつけてた時期もありましたが、とにかく邪魔…。ポケットやポーチに入れればボタンが誤作動起こしていつの間にかウェイポイントが生成されていたりーなんてこともありました。結局は同社の「Foretrex301」という小さなGPSを使用しています。コンパクトで軽く、ボタンレスポンスも良いですし、シンプルなのでサッと確認できます。「地図上で今どの辺にいるのか?」が知りたい時は圏外でも使用できるスマホのマップアプリで十分ですし、その情報が必要なことってほぼほぼありません。Foretrex301は歩いた軌跡とウェイポイントだけが表示されるシンプルなものですが新地開拓する山で迷わない為、目的地までショートカットする為には十分でお家に帰ればトラック情報をグーグルアースに落とし込んで3Dマップで確認することが可能です。現地でじっくりマップを見ることはないので結局eTrex20は電源だけいれてバックパックの底に放り込み、しまいには電源すら入れなくなりました。






今買うなら今冬12月にやっと国内正規品が登場したForetrex601をオススメします。立ち止まった状態でも正確な方角がわかるアクティブコンパスはとても魅力的ですね。eTrex20日本語版買うより安いですし
参考:Foretrex301インプレ
















ハイドレーション

IMG_5880 - コピー

ハイドレーションはバックパックのスペースを有効活用できます。
容量も大きいしそのままホースで飲めるから便利なんですよね
「1~2年に1度は背中(お尻)がビショビショになりますが」
さてこのハイドレーションという水枕のような水筒、とても便利です。余裕で3リッター携行できます。しかし残念なことに消耗品でパッキンの劣化等があるのでどうしても水漏れが発生します。また基本的に水しか入れることができません。料理をする際もホースでは水を注ぎ辛いですね。日中氷点下だとホースが凍り付いて飲めなくなった時はなかなか悲しいです。一昨年からはハイドレーションではなくナルゲンボトルの500mlx2本でした。今年からは1000mlx1 500mlx1を携行しています。スペースは取りますが、安くて頑丈、分けて持ち運ぶことができるので重量も分散できます。ちなみに当地方でも海抜が高くて、とても寒い日はナルゲンの水もャーベットになりますがなかなかそういう日はありません。スポーツドリンクやお茶等をいれることができるのもいいですね。

















デジカメ

IMG_588033.jpg
ぼくがハンティングはじめた頃はガラケーだったんですよね。
風景がきれいじゃないですか
いい写真撮りたいじゃないですか
デジカメ買うじゃないですか
「iPhoneのカメラ性能めっちゃいいんですよね」



IMG_5448.jpg

DrnIi5sU4AAGAy5.jpg

IMG_4851.jpg
全部iPhone8で撮影しましたが特に不満がないんですよね…。その場でリサイズしてツイッターにもアップできるのでコンデジを携行しなくなりました。でもGOPROのような広角で写真がとれるカメラには興味があります。先日パチプロ買いましたがあまりの酷さにお蔵入り…やはり正規品買うのがいいようですね。HERO5が欲しいな…w ぶっちゃけ言わせてもらうと、今まで買った装備やグッズで使用しているのはごく一部なんです。ええ、無駄遣いではなかったですとも!それが使えないということがわかったワケですからね!ガッハッハ!!いいね!と思ったらポチリお願いします。モチべがアップします。
↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
↑↑↑↑
コメントがあればTwitterにどうぞ

スポンサーリンク

スポンサードリンク

人気記事ランキング

スポンサードリンク

一度は読んでほしいオススメ記事

「こう思ってる!」「こんなに便利なモノあるぞ!」「こんなのもオススメ!」などなど一度は目を通してほしいオススメ記事をピックアップしました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

カウンター

プロフィール

リロ氏

Author:リロ氏
Twitter:リロ氏@ly_rone

【プロフィール】
平成生まれのゆとり世代 ♂
20歳で最初の1挺を所持してその年の冬に狩猟デビュー!1年目はヒヨドリやキジバト、カモ等の鳥をメインでしたがイノシシには2度遭遇、発砲するも捕獲できず。
2年目の11月に単独忍び猟にてイノシシを捕獲。
来シーズンの9年目の目標は単独忍び猟でイノシシをコンスタントに上げられるようになること!そしてライフル所持に向けてロングレンジで狙えるフィールドをたくさん開拓すること。

【現在所持している銃について】
部品交換取付及び改造は全て店に委託し、生活安全課にて書換・変更を済ませてあります。エクステンションやストック等も全て銃砲店を通して合法・正規品を購入しております。