3社 カンチレバーハーフライフル銃身の比較



↓↓ポチっとしていただければランキング上がります!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村




替え銃身としてのカンチレバー銃身


DycuAj7UUAEoDQ6.jpg
写真上:レシーバー直付マウントにスコープをのせたM870 写真下:カンチレバーマウントにスコープをのせたM1100

 狩猟者ならご存知な方が多いかと思います。カンチレバー銃身は自動銃やレピーターの替銃身としていろいろな種類がありますね。カンチレバー銃身はスコープやドットサイトを銃身から伸びたマウントベースに取り付けます。レシーバー直付マウントにのせると銃身とレシーバーのガタにより命中精度が低くなると言われていますが、カンチレバー銃身は実質銃身にスコープをのせるのでそのガタによる誤差がありません。スコープやドットサイトも銃身とセットになっているのでリブ銃身に差し替えればそのままクレーや鳥が撃てますね。新しく所持許可申請を出すのと違って許可証の書き換えのみなので手軽に購入することができるのもメリットです。




純正品とサードパーティ(社外品)


 日本ではポピュラーな猟銃、レミントンM870やM1100には純正カンチレバー銃身以外にサードパーティ製カンチレバー銃身があります。レミントン純正を含めて国内で多く流通しているのは主に3種類です。

IMG_8576.jpg
M500やM590で有名なモスバーグ社製のM870用カンチレバー付きハーフライフル銃身




比較するのは3社のカンチレバー銃身
IMG_8577.jpg





レミントン純正 カンチレバーマウント付きハーフライフル銃身


IMG_8736.jpg

IMG_8737.jpg

IMG_8728.jpg
 恐らく最も国内流通しているのはレミントン純正のカンチレバー銃身です。アルミ製マウントベースは銃身とは別パーツで銃身に2本のネジで固定されています。ネットで少し調べれば出てきますが、アルミベースにクラックが入ったり、ネジ部分からポッキリ折れてしまうなど若干問題を抱えています。ぼくが使用している純正カンチレバーマウントはベースごとズレてしまいゼロインが狂ってしまいました。





ハスティングス製 カンチレバーマウント付きハーフライフル銃身


IMG_8732.jpg

IMG_8730.jpg
 「ハスティングバレル」と呼ばれることがあるフランス製の銃身です。今は無きトム銃砲店取扱品の中古が多く流通しています。レミントンと違い1ピースのスチール製マウントベースが銃身に溶接されています。かなり頑丈でスコープを取り付けてグイと力をいれてもほとんどしなりません。

IMG_8946.jpg
レミントン カッパーソリッドが使用できないノーマルバレルと「殴った方が威力がある」「筋トレ用」などと一部で言われているヘビーバレルがあります。ココで紹介するのはM1100LT-20用のノーマルバレルです。





モスバーグ製 カンチレバーマウント付きハーフライフル銃身


IMG_8735.jpg

IMG_8584.jpg
 モスバーグが製造しているカンチレバーマウント付きハーフライフル銃身です。Gunshop GBさんが取り扱われていますが、2019年2月現在在庫切れ+入荷未定となっております。レミントン純正に比べて若干肉厚で、銃身が長く、マズルジャンプを抑制するマグナポートが施されています。ハスティングバレルと同じく1ピーススチールマウントベースが銃身に直接溶接されており剛性はかなり高そうですが、ハスティング製と並べて比較するとほんの少し心もとない感じがあります。(ハスティングは"橋"のようになっていて2ヶ所止めですが、モスバーグは1ヶ所止めでマウントベースも長い)3社の中で最もマウントベースが長い。






『ライフリングの比較』


ぼくが所持しているカンチレバーマウント付きハーフライフル銃身は全て"元残し"ですが、ライフリングは若干違いがあります。


レミントン
IMG_8754.jpg


ハスティング
IMG_8751.jpg


モスバーグ
IMG_8755.jpg



銃口


IMG_8579.jpg
 左下から時計回りにハスティング、レミントン、モスバーグのカンチレバー銃身です。ハスティングは「コレでスラッグ撃っても大丈夫なの?」と不安になるくらい薄いですが、一応ハーフライフルなので問題ないはずです。M870のリブ銃身よりも薄いですが…大丈夫なはずです。ハーフライフル銃身なので…。

レミントンとモスバーグは肉厚でスラッグ用って感じですね。モスバーグの方が少し厚いように見えます。重心が僅かに長いのもありますが、多少重く感じますね。

レミントン
IMG_8748.jpg

モスバーグ
IMG_8747.jpg

銃口から覗いてみる。先人曰く、加工した銃砲店によってライフリングの削り出しに違いがあるらしいがそれが命中精度にどこまで影響するのかは未知数。どれがどれだかわかりますか?
IMG_8757.jpg

IMG_8756.jpg

IMG_8758.jpg






『銃身長』


IMG_8726.jpg
モスバーグは他と比べて僅かに長いですね。







『レミントンVSモスバーグ』


IMG_8761.jpg

IMG_8760.jpg

 レミントンのカンチレバー銃身にはせいぜい1インチの3-9倍スコープくらいの比較的軽量なスコープをのせるた方がいいかなーっと思いますね。350グラム程度のホロサイト512でもマウントベースにクラックが入ったという情報もあります。リューポルドの1インチショートスコープ+リューポルドPRWリングでも400グラム近くあります…。というよりぶっちゃけレミントン純正のカンチレバーマウント付き銃身はオススメしません。レミントンは破損前提なのかアルミマウントを別パーツとして販売しているくらいですからね。

D0yy258U0AEyOxw.jpg
これはレミントンのカンチレバーマウントを銃身に取り付けているネジの1本です。こんな細く、浅いネジでアルミマウントは固定されています。12ゲージサボットスラッグの反動は強いですし、それに500グラム近いスコープをのせてバカスカ撃つことにちょっと恐怖を感じます。ぼくはスコープ+リングで500グラム以上のでしたがベースからズレました。レミントンの銃身の今後ですが、一度銃砲店で修理し、マウントもレイルの溝2本を残してベースを切断してもらい、それに軽いドットサイトをのせて運用していきます。
参考:レミントンのカンチレバー銃身はゼロインがズレる

レミントンVSモスバーグ?? いうまでもありませんね…。レミントンは安く買えたにしてもT-1やドクターサイトのような軽いドットサイトをのせて運用することをオススメします。スコープをのせる為に選ぶならマウントの剛性が高いハスティングかモスバーグがオススメです。多少高くても中古で出回っていたら即電話しましょう!


簡単な比較

レミントン純正カンチレバーマウント付きハーフライフル銃身
・アルミマウントの剛性が低い

・重量のあるスコープはのせられない

・マウントベースがネジ止めでマウントからズレることもある

・銅サボットスラッグが使用できる




モスバーグ製カンチレバーマウント付きハーフライフル銃身
・スチール製でマウントの剛性が高い

・重量のあるスコープをのせることができる

・銅サボットスラッグが使用できる

・マグナポートがバレルに施されれている

・レミントン純正と比較して僅かに長くて重い


ハスティングス製ハーフライフル銃身(ノーマル)
・スチール製でマウントの剛性が高い

・重量のあるスコープをのせることができる

・銅サボットスラッグが使用できない

・銃身が薄くて軽い



ハスティングス製ハーフライフル銃身(ヘビー)
・スチール製でマウントの剛性が高い

・重量のあるスコープをのせることができる

・銅サボットスラッグが使用できる

・銃身がとても分厚く非常に重たい


ここまではインプレッション、モスバーグはまだスコープものせていません。レビューはおいおい書きますね。
「面白かった」「役に立った」 と思ったらポチリお願いします。モチべがアップします。
↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
↑↑↑↑
コメントがあればTwitterにどうぞ
関連記事

スポンサードリンク

最新記事

M870用トリガー「競技用」と「狩猟用」で使い分ける Sep 17, 2019
散弾銃紹介:ミロク MSS-20 Sep 11, 2019
散弾銃紹介:フランキ スパス12 Sep 10, 2019
リロ氏 ヤマメ釣りデビュー! Sep 09, 2019
狩猟ブログ・狩猟SNS炎上対策 Sep 06, 2019
これはイイ!猟場で使えそうなスリング Sep 05, 2019
散弾銃紹介:ベネリM3 Sep 05, 2019
「忍び猟装備」ゼロから揃えたら○○円になった! Sep 04, 2019
モンベル アルパインフライパン Sep 03, 2019
散弾銃紹介:ウィンチェスターM1897 Sep 02, 2019
散弾銃紹介:レミントンM1100 Sep 01, 2019
散弾銃紹介:サベージ M220ターキー Sep 01, 2019
誰かの銃をブログで紹介したい! Aug 31, 2019
狩猟の面白さ 達成感、喜びの瞬間 Aug 30, 2019

カウンター

人気記事ランキング

猟銃&実猟オススメ記事

検索フォーム

プロフィール

リロ氏

Author:リロ氏
↓↓↓ランキング参加中です。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村


【プロフィール】
平成生まれのゆとり世代
20歳の冬に内地にて狩猟デビュー
いつもはサラリーマン
所持歴9年目の週末ハンター
けもの道2019春号の表紙に載りました!

質問、コメントはTwitterのダイレクトメッセージを開放しているのでそちらからお願いします。↓↓
Twitter:リロ氏@ly_rone

※所持している銃について
部品交換取付及び改造は全て店に委託し、生活安全課にて適切に書換・変更を済ませてあります。バランサーエクステンションやストック等も全て銃砲店を通して合法・正規品を購入しております。

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
79位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
11位
サブジャンルランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: