スポンサーリンク

無言の単独忍び猟装備紹介動画







無言の装備紹介動画



 装備の使い勝手というものは写真だけではなかなか伝わり辛いものです。先日狩猟に行った時にFPS風に自分の目線で装備をどんな感じに取り出しているのかを撮ってみました。
※狩猟者バッジは通常右側のシェルポーチのベルクロに貼り付けていますが、動画撮影の為にその時だけ映らない場所に移動させています。





ちょっと解説



弾の取り出し
弾を携行する時はベルクロフラップの12発ポーチで持ち歩き、4発程度HSGIショットシェルトレイに出して置くことですぐに取り出せるようにしています。装填脱包がとてもやりやすいですよ。

このタイプの樹脂製ホルダーでも代用できそうですね。取付はもちろんケーブルタイ!ケーブルタイ万能!




レンジファインダーはワイヤーキーリールに
レーザーレンジファインダーもすぐに取り出して使いたいですね。ポーチのファスナーはいつも開けっ放し。でもそれだと落としてしまう可能性があるのでワイヤーキーリールの先に取り付けています。すぐに銃に持ち替えたり、ポロリしてしまっても紛失することはありません。さらに巻き取るリールがエスコートしてくれるのでポーチにも戻しやすいですね。ポーチできるだけ右側につけているのは双眼鏡のハーネスにワイヤーが絡まらないようにする為です。





スマホポーチ
白いケーブルはポーチ内のモバイルバッテリーに繋がっています。スマホをいれたまま充電が可能です。一緒に入れてるのはメガネ拭き用のクロス、ドットサイト、スコープ、双眼鏡、アイウェアが汚れた時に使用します。

スポンサーリンク





ナイフシースに銃のスリングを掛けてズリ落ち防止に
ナイフシースをケーブルタイでバックパックにガッチリ固定してあります。そこに銃のスリングを掛けることで両手を使って坂を登るようなシーンでも肩から銃が滑り落ちにくくなっています。ナイフはパンケーキタイプのカイデックスシースなのでグイとチカラを入れればすぐに抜けます。戻すときもカチっと音がなるまで戻せば固定されます。カイデックスシースは抜きやすくも、ホックの止め忘れ等で紛失する可能性が低く好んで使用しています。でも流石にバイオハザード2のレオンのように付けるのは怖いので上に抜くようにしています。ちなみにバックパックの中にはお手製のカイデックスシースが入っています。車移動の際などにいちいちシースをバックパックから取り外す必要がありません。





ダンプポーチは薬莢等以外にも手袋などをちょっと入れたい時に便利
地面に置くと置いたことを忘れて歩き出してしまう…。なんてことがありました。なので基本的に地面にモノを置くことがありません。メッシュタイプは外からでも何が入ってる手袋越しでもわかります。4年ほど使ってますが裂け等はなく頑丈です。







コタツに座ってミカン、TVリモコン、ティッシュ、ゴミ場に手が届く


 ぼくにとって理想的な装備というのはこういうことです。イチイチバックパックを下ろしたり、後ろに手を回してファスナーの開け閉めなんて面倒で仕方がないです。アクセス性の良さを求めるとやはり"フタ"がないのが理想的ですが、脱落紛失の可能性を考慮すると工夫が必要です。ランヤード、キーリール、カイデックスホルダー、パンケーキシースで対策し、1つのポーチやホルダーには1種類しか入れない、常に目の届くところに配置する、管理しやすいように数を少なくする。そうすることで無くなっていることに気付きやすくなりますし、さらに目線を落とさなくてもノールックで取り出すことができます。


すこしでも自分の装備を組むのに参考になったなら幸いです。
「面白かった」「役に立った」 と思ったらポチリお願いします。モチべとランキングがアップします。
↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
↑↑↑↑
コメントがあればTwitterにどうぞ

スポンサーリンク

スポンサードリンク

プロフィール

リロ氏

Author:リロ氏
【プロフィール】
平成生まれのゆとり世代
20歳の冬に内地にて狩猟デビュー
H30年度は単独忍び猟にてシカやイノシシ合計20頭以上捕獲

けもの道2019春号に載りました。


※所持している銃について
部品交換取付及び改造は全て店に委託し、生活安全課にて適切に書換・変更を済ませてあります。バランサーエクステンションやストック等も全て銃砲店を通して合法・正規品を購入しております。

人気記事ランキング

スポンサードリンク

一度は読んでほしいオススメ記事

「こう思ってる!」「こんなに便利なモノあるぞ!」「こんなのもオススメ!」などなど一度は目を通してほしいオススメ記事をピックアップしました。

スポンサードリンク

カウンター