スポンサーリンク

サバゲーに行くと超勉強になるという話

IMG_9620-sum.jpg

サバイバルゲーム人口は狩猟者人口よりもずっと多いです。母数が多いのでコアなマニアもたくさんいらっしゃいます。


「勉強になる」というのは何が勉強になるのかと言いますと…。



光学照準器を見て触れるんですよ!!



猟銃の場合は他人の銃は触れませんが、トイガンは本人から許可さえいただければ触ることができます。スコープだけをお店で見てもイマイチわかりませんが、実際に日光の下、暗いところや明るいところ、遠くのモノを見るといろいろわかることが多いです。さらに手でスコープを持つのと違って銃の上にのっているのでアイレリーフやアイボックスなど使うイメージが掴みやすいですし、「いいよ撃ちなよ!」といっていただければ実際に狙ってトリガーを引くこともできるわけですね。

スポンサーリンク




それでは直近のサバイバルゲームフィールドで見かけた光学照準器を見てみましょう



IMG_9489.jpg
NightForce 2.5-10x32
軽く20万越えの高級機ですね~


IMG_9618.jpg
Leupold VX-6 1-6x24
もう値段のコトは忘れましょう。FFPレティクルのショートスコープははじめてみましたが…くぅ~すばらしい!!!



IMG_9621.jpg
Leupold LTO2トラッカーHD
リューポルドの最新型サーマルビジョンです。「昼間にブッシュに隠れている人間はなかなか見つけられない」とのことです。たしかに…うーんシカやイノシシは探せそうにありませんでした。



IMG_9492.jpg
Eotech ホロサイト+マグニファイヤーブースター
言わずと知れたホログラフィック照準器 ぼくが以前使用していた512はどうもハズレ個体だったようでこちらも10年モノの古いロットらしいですが、快晴でもレティクルの視認性が高く(明るい)て好印象でした。(買いなおしたい~


IMG_9954.jpg
VORTEX RAZOR AMG UH-1
2年前に登場したVORTEXのホロサイト Eotechは透明ですが、VORTEXは若干青みのあるレンズです。だからといって視認性が悪い印象はありません。国内正規販売店もお手頃価格で販売しています。それにしても大きなシルエット!


IMG_9949_2019042409054432b.jpg
VORTEX RAZOR HD 1-6x24
軽量化された第二世代モデルですね~ ポリカ版を外してのぞかせていただきましたが…なるほどVORTEXのフラッグシップモデルということはありますね。ぼくも同社のVIPER GEN2を使ってますが、第一印象としては「薄い」高級機らしさがありますね。True1xのクオリティもコトバでは表現できないくらい素晴らしく、100m先にあるターゲットはキレッキレでシャープ!暖色っぽくもありません。この6倍で150mを狙ってみたいですねぇ…。


IMG_9950.jpg
Eotech Vudu 1-6x24
ホロサイトで有名なEotechが発売したFFPレティクルショートスコープ True1xはまるでホロサイト。ズームアップしていくに従ってサークルは大きくなり枠の外へ、同時に精密射撃向けなレティクルがズームアップされてきます。RAZORHDやVX-6よりもより接近戦を意識して作られている印象です。

IMG_9955.jpg
HOLOSUN HS515GM
チタン合金削り出しで作られたT-1クローンドットサイト。ハイマウントベースですが「まるでサイトがのっていない」ような軽さです。



IMG_9490.jpg
VORTEX 旧型 Spitfire 1x Prism
現行型はバッテリー収納スペースがマウントなので低く取り付けることができないのですが、旧型は本体にバッテリー収納スペースがあるので低く取り付けることが可能です。旧型のままならよかったんですがね~ 改悪ですよね…。




いやホント勉強になりました。
レビューサイトや写真ではわからないことは多いですが、実際に覗いてみるとですね…。物欲がガンガン上がってしまいますが、ちょっと最近は予算不足なので…しぶしぶ手元のエントリー機でガマン!11月までには欲しいモノ揃えますかねぇ…。
もしよかったらポチリお願いします。モチべとランキングがアップします。
↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
↑↑↑↑
コメントがあればTwitterにどうぞ

スポンサーリンク

スポンサードリンク

プロフィール

リロ氏

Author:リロ氏
【プロフィール】
平成生まれのゆとり世代
20歳の冬に内地にて狩猟デビュー
H30年度は単独忍び猟にてシカやイノシシ合計20頭以上捕獲

けもの道2019春号に載りました。


※所持している銃について
部品交換取付及び改造は全て店に委託し、生活安全課にて適切に書換・変更を済ませてあります。バランサーエクステンションやストック等も全て銃砲店を通して合法・正規品を購入しております。

人気記事ランキング

スポンサードリンク

一度は読んでほしいオススメ記事

「こう思ってる!」「こんなに便利なモノあるぞ!」「こんなのもオススメ!」などなど一度は目を通してほしいオススメ記事をピックアップしました。

スポンサードリンク

カウンター