スポンサーリンク

「スラッグ弾はどのチョークでも安全に撃てる。」について


先週、3度目の狩猟免許有効期間更新に伴う講習にいってきました。


今回は狩猟教本の中で気になるところがあったのでそのお話をします。
事前情報がないと気付かなかったと思います。情報センクスでした。





四つ足ハンターの皆さんはいろんな弾を使われると思います。


00バックショット

000バックショット

ライフルドスラッグ

サボットスラッグ

自分のスタイルにあった、自分の銃にマッチした弾を選んで使われていることと思います。

rbslug1.jpg
ぼくのお気に入りはレッドバードのライフルドスラッグ(フィールドロード)です。MSS-20で愛用しています。
















今年の(?)狩猟教本の中でこんな文言がありました。



IMG_0276.jpg

※2 スラッグ弾はどのチョークでも安全に撃てる。ただし、どのチョークが命中精度が良いかについては射撃しての確認を要する。



スラッグ弾はどのチョークでも安全に撃てる。

ちょっと疑問に思わないでしょうか?









ライフルドスラッグ弾について

ライフルドスラッグ弾にもいくつか種類がありますね。ぼくがよく使うのは2種類です。

フォスタースラッグ
レッドバードのライフルドスラッグや今は無きアポロもこれでした。


もう1つ使うのはブリネッキスラッグです。
比較的命中精度が高いことで有名ですね。ロットウェル以外のメーカーも出しているようです。

フォスタースラッグとブリネッキスラッグはどちらも命中精度を上げるための工夫が違う感じですね。直径にも違いがあります。


とある先人曰く「RBのフォスターはモデチョークまでなら撃てるけど、あんまり数撃たない方がいい。狩猟で使う程度なら大丈夫。ブリネッキはインプシリンダーまで、それよりキツイチョークでは銃身にダメージを与える。」そんな感じの話をされたので、フォスターはモデまで。ブリネッキはインプシリンダーまでそれがぼくの常識でした。



ただいろいろ話を聞いていると…。

「フルチョークでRBフォスターたくさん撃ったよ」

「ブリネッキはシリンダー以外は危ないんじゃ?」

「RBフォスターはフルでも撃っていい 昔メーカーがそう言ってた」

「固定チョークのフルならいいけど、交換チョークのフルはダメ」


「DUPOだけはフルチョークで撃てる」

いろんな話を聞きます…。

今回の狩猟教本で「スラッグ弾はどのチョークでも安全に撃てる。」と言い切っています。ぼくは怖いのでフルチョークでブリネッキなんて怖くて撃てません…。フォスターでも怖いです…。使用頻度によって良かったり悪かったりもあるのかもしれませんね…。







大丈夫! とは?

ハイオク車にガソリンを入れてもエンジンは掛かるそうです。
ホワイトガソリンランプにレギュラーガソリンを入れても火が灯るそうです。
エンジンオイルを1度も交換しないで13万キロ走ったアウディTTがありました。
食用油でもカブのエンジンは焼きつかずに走ったという実験がありました。

でも寿命が極端に短くなるのは間違いないと思います。

「フルチョークでもスラッグが撃てた」というのはこれらに似ているのではないのかと思います。


確かに動く、撃てるかもしれないけど それって本当に大丈夫なの??




バイクのチェーンが少しずつ延びていき…。いつか切れるように
少しずつバレルが広がっていき、クラックが入り、いつか破断破裂する…。


そんな気がします。




この教本を見てターキーフルでブリネッキを撃つような人はいないとは思いますが…。
「スラッグ弾はどのチョークでも安全に撃てる。」

これはちょっと勘違いを…と言いますか。
あんまり良い書き方ではないのではないかと思いました。


狩猟教本は安全といっていますが…。
フォスターはモデまで ブリネッキはインプシリンダーまでで運用していきたいと思います。


2017年11月追記
トラップガンでスラッグを撃ち銃身が破裂してシューターが重傷を負ったそうです。
話によるとトラップガンの上銃身(フルチョーク)でブリネッキスラッグを撃ったらしいです。
恐ろしい話ですね。

今年から猟友会の御達し(?)でバックショットが使えなくなってしまいました。
モデを使っていたのはバックショットとフォスタースラッグをどちらも使えるようにでした。
こうなってしまってはモデにする意味がなくなってしまいましたね。
今後はフォスタースラッグもインプシリンダー
ブリネッキスラッグもインプシリンダーで運用していきます。



にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
↑↑いいね!と思ったらクリックしていただけると嬉しいです。




関連記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ピックアップ

猟銃&実猟オススメ記事

最新記事

「狩猟の面白さ」それをリアルに伝えるには? Aug 20, 2019
命中精度比較 ライフルドチョークとシリンダーチョーク Aug 15, 2019
M870 M1100 お手軽オススメカスタム Aug 09, 2019
合法的に車載できる護身用アイテム Aug 08, 2019
リロ氏、東京にて迎撃される! Aug 07, 2019
はじめて獲った四つ足動物の話 Aug 06, 2019
SUP ダム湖デビュー! Aug 05, 2019
M870射撃用トリガーを買う! Aug 04, 2019
ウォータースポーツの季節到来 SUPデビュー Aug 03, 2019
狩猟に必要最低限な装備について Aug 02, 2019
サベージの新型スラッグガン…日本上陸! Jul 31, 2019
自動銃 ボルトアクション銃 スライドアクション銃 徹底比較! Jul 14, 2019

スポンサードリンク

人気記事ランキング

検索フォーム

カウンター

プロフィール

リロ氏

Author:リロ氏
【プロフィール】
平成生まれのゆとり世代
20歳の冬に内地にて狩猟デビュー
サラリーマンの週末ハンター
H30年度は単独忍び猟にてシカやイノシシ合計20頭以上捕獲

けもの道2019春号に載りました。


質問、コメントはTwitterのダイレクトメッセージを開放しているのでそちらからお願いします。↓↓
Twitter:リロ氏@ly_rone

※所持している銃について
部品交換取付及び改造は全て店に委託し、生活安全課にて適切に書換・変更を済ませてあります。バランサーエクステンションやストック等も全て銃砲店を通して合法・正規品を購入しております。