スポンサードリンク

良さげなチークパッドをピックアップ

スポンサードリンク



スコープやドットサイトを使用する場合は"頬付け"の高さを調整することが絶対に必要です。


IMG_8376-1.jpg









ネットでいろんな銃を眺めているとかなり高い位置にドットサイトやスコープをのせてる人も…。







akreddot1.jpg

oh…これは完全にほっぺふわふわ状態で大変そうですね…。




「ドットサイトは頬付けしなくてもあたる!」なんていわれていますが、目の位置が上下左右に多少ズレてもドットが見えていれば"ある程度狙える"というだけです。スキートのように瞬間的に構えて撃つ、スラッグで狙って撃つには頬付け位置を調整していなければ難しいです。

またパララックスが100ヤードに固定されているライフル用スコープで40~50mのターゲットを狙う場合は可能な限りスコープを真っ直ぐ覗き込む必要がありますね。


チークパッド
チークライザー
チークピース 

いろいろ言い方はあるようです。

いったいどういうのがあるの? 

どれがいいのかわからない。

自分の銃に付けることできる?


そう思っている人に参考になれば嬉しいです。
ぼくなりに探してみたのでオススメを紹介します。










ナイロン製汎用チークパッド


たぶん最もお手軽です。Amazonで5000円以下で購入できそうですね。


だいたいどんな銃にも取り付けできる
ストック加工の必要が無い
安い



いくつかピックアップしてみました。









シンプルに上げるだけ

cp5.jpg


m87033.jpg
M870+サムホールストック+ブラックホークチークパッド
スカウトスコープマウント+HOLOSUN HS403A



ブラックホーク チークパッド
ブラックホークのチークパッドはぼくも長く使っていました。以前はM870はサムホールストックでした"だいたいどんな銃にも取り付けできる"に含まれない形状をしていた為、靴紐で締めるようにして取り付けるチークパッドを使用していました。 ただこちらは安いですが高さ調整が全くできません。ちょっと残念でしたこれしか付かなかったのでしかたなかった感じです。紐で締めるよりもケーブルタイでガチガチに締めるとズレルことはありませんでした。













スペーサーで高さ調整ができる


cp2-1.jpg

DClKtaOVoAALNP9.jpg

TOURBON チークパッド

MSS-20に取り付けているチークパッドです。スペーサーを使って3段階で高さ調整ができるようになっています。専用のスペーサーでなくても布やお手製スペーサーを使えば好きな高さに調整することもできます。
cp2.jpg











cp1.jpg

cp1-1.jpg

同社のチークパッド
こちらも同じように詰め物をすることで高さ調整ができそうです。カモフラージュパターンもいくつかあるようですね。












ベアトゥース ライザーキット


btrkt2.jpg

btrk3.jpg

C5kCSTZVMAAof3h.jpg


ネオプレン素材でできています。内側が滑りにくいラバー加工されているもので付属のスポンジスペーサーを挟んで高さ調整をするものです。ベネリM2にはコンフォーテックストックの保護も兼ねて取り付けています。スコープやドットサイトをのせる前に取り付けないと苦労するので注意です。地元銃砲店にて購入しました。










cp3.jpg

「ちょっとタクティカル寄りはいやだなー…」という人にはキャンバス生地やレザーのチークパッドもありますね。銃砲店ではレザータイプが多い印象です。通販が心配な人は地元銃砲店に相談されるのが一番かもしれません。

















銃自体にチークパッドがついているもの










チークピースが交換できるストック

IMG_9629.jpg

IMG_9560.jpg

magpul1.jpg
MAGPUL M870 SGA ストック



Benellriser.jpg

rserbenelli.jpg

Benelli コンフォーテックストックとチークライザー


ベネリのコンフォーテックストックやマグプルのSGAストックのようにチークピースが交換できるものがあります。
ベネリもマグプルもLOW MID HIGHから選ぶことができます。微調整はできませんが、外れたりズレたりすることはなく安定していますね。













アジャスタブルチークピースのストック

ajststck1100.jpg

ストックに最初から組み込んであるタイプです。微調整ができて嵩張らないので良いですね。


ぶっちゃけ最初からこれなら何も考えなくていいですよね…。










カスタムストック

ajstriser1.jpg

ajstriser2.jpg

ストックに穴を空けることでアジャスタブルチークピースをストックに取り付けることができます。加工できるかどうかは銃やストックの構造によると思いますので銃砲店に相談する必要がありますね。












穴を空けたくない人向けのアジャスタブルチークピース


Bradley アジャスタブルチークピース


bradj4.jpg

ちょっと珍しい 後付けのアジャスタブルチークピース ストックにバンドで取り付けて3~4段階で調整ができるようです。「ストックに穴空けるのはいやだなー…」「ナイロン製チークパッドはちょっとなー…」という人には良いかもしれませんね。ただ割高ですね…。日本での流通は…確認していません。






チークピースにもいろいろ種類がありますね。

替えのスラッグバレルを買ったけどライフルサイトが高い

木製ストックにキズを入れたくない。

スコープやドットサイトを付けていなくても必要なことはあります。



自分にピッタリなものが見つかるといいですね!


いいね!と思ったらポチポチお願いします。
モチベーションが上がります。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
↑↑↑↑

スポンサーリンク

スポンサードリンク

人気記事ランキング

スポンサードリンク

一度は読んでほしいオススメ記事

「こう思ってる!」「こんなに便利なモノあるぞ!」「こんなのもオススメ!」などなど一度は目を通してほしいオススメ記事をピックアップしました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

カウンター

プロフィール

リロ氏

Author:リロ氏
Twitter:リロ氏@ly_rone

【プロフィール】
平成生まれのゆとり世代 ♂
20歳で最初の1挺を所持してその年の冬に狩猟デビュー!1年目はヒヨドリやキジバト、カモ等の鳥をメインでしたがイノシシには2度遭遇、発砲するも捕獲できず。
2年目の11月に単独忍び猟にてイノシシを捕獲。
来シーズンの9年目の目標は単独忍び猟でイノシシをコンスタントに上げられるようになること!そしてライフル所持に向けてロングレンジで狙えるフィールドをたくさん開拓すること。

【現在所持している銃について】
部品交換取付及び改造は全て店に委託し、生活安全課にて書換・変更を済ませてあります。エクステンションやストック等も全て銃砲店を通して合法・正規品を購入しております。