VORTEX 8x36 単眼鏡 " SOLO "

VORTEX製 8x36 単眼鏡 "SOLO" を使って見て


IMG_1350.jpg



ここのところずっと双眼鏡でしたが、ハンター1年目以来の単眼鏡です。


正規販売店で購入 14800円+送料





基本スペック(公式ページより)

Magnification 8 x
Objective Lens Diameter 36 mm
Eye Relief 18 mm
Exit Pupil 4.5 mm
Linear Field of View 393 feet/1000 yards
Angular Field of View 7.5 degrees
Close Focus 16.4 feet
Length 4.9 inches
Width 2.6 inches
Hand Grip Width 2 inches
Weight 9.7 ounces


詳細・仕様(Amazonより)

ユーティリティークリップが付属
窒素ガス封入で防水性の確保と曇りを防止します
倍率:8倍
対物レンズ有効径:36mm
明るさ:20.2
実視界:7.5°
レンズコート:フルマルチコート

アイレリーフ:18mm
ひとみ径:4.5mm
1000ヤード先視界:120m
最短合焦距離:約5m
完全防水
サイズ:約60x55x124mm
重量:約275g
付属品:ソフトケース、ストラップ、国内保証書







ここがイイ!






大口径 対物36mm
明るくて見やすいです。
倍率は8倍、ハンティングのスタイルによっては低いと考えられる人もいると思いますが、杉山の索敵にはちょうどいい倍率かと思います。木に止まった鳥や50m先のシカに1発で合わせるのも難しくありません。

IMG_1449.jpg
裸眼

IMG_1448.jpg
覗いたらこんな感じです。






コーワ SV25-8 双眼鏡とレンズを比べてみます。


IMG_1360.jpg
対物レンズ比較 コーワ SV25-8 と VORTEX SOLO


IMG_1359.jpg
接眼レンズ比較 コーワ SV25-8 と VORTEX SOLO





携行性とアクセスに優れたユーティリティクリップ

単眼鏡では珍しくベルトクリップのようなものがついています。


IMG_1351.jpg

金属製です。



さて、このユーティリティクリップをどう使うかといいますと

IMG_1453.jpg









IMG_1451.jpg

このようにバックパックのチェストハーネス(ホールドベルト)につけます。


首からさげるとどうしてもブラブラするので邪魔に感じますが、チェストハーネスにつけることで、走ったりしても外れず安定しています。ヤブに突入する際も引っかかって邪魔にもなりにくいでしょう。


単眼鏡を使う時はそのまま真上に引っ張ると外れます。ストラップで首からかけていれば緊急時でも手を離せばいいだけなのでチェストハーネスに挿す時間を短縮できますね。銃を素早く構える為にもストラップの併用は必須です。










重量300g以下

その重量275g


コーワ YF-30 約475g
sogahane.jpg


コーワ SV25-8 約260g
sougan2.jpg


ということなので、25口径のコンパクトな双眼鏡同等の重さです。

軽いは正義!!








サングラスと併用できるロングアイレリーフ

アイリリーフは18mm メガネやサングラスと併用することが可能な長さですね。接眼レンズはターンスライド式キャップなので左に回すとキャップが延びます。メガネやサングラスをかけている場合はキャップを伸ばさなければそのまま使えますね。

IMG_1505.jpg
左に回して延びた上体

IMG_1504.jpg
右に回すと元にもどります。

またこのターンスライド式キャップには便利な使い方がありまして。キャップを伸ばした状態でスマホのカメラを押し当てると簡単に撮影することができます。SOLOは接眼レンズが大きいのでシビアな位置調整をしなくてもスマホカメラで覗くことができるのでちょっと倍率を上げて写真を撮りたい場合に使えるでしょう。


ただ...このターンスライド式キャップは繊細な作りです...。
同社の8x36単眼鏡タクティカルモデルにはターンスライド式キャップは採用されていません。












ここがダメ!





ターンスライド式キャップが繊細

このキャップは砂等の汚れに非常に弱く、砂が入ると動きがかなり渋くなってしまいます。左に回して延長する際に、動きが渋いとキャップ全体が締められてしまいます。するとピント調整リングがキャップで締められてしまいピント調整リングの動きが渋くなってしまいます。最悪全く動かなくなってしまうほどです...。 ぼくの個体は左回りに締めすぎてしまい、ピント調整リングが動かなくなってしまった為、力をいれて右に回したところネジロックが外れてキャップ自体がくるくると回りはじめてしまいました。

右に回すとだんだんとキャップ全体が緩んでいんでいきます。
回しすぎるとゆるゆるになってきて脱落の可能性が高くなるのです。


これが結構なクセもの...。

砂等が詰ってキャップの動きが渋くなってきた場合

・左に回しすぎるとピント調整リングの動きが渋くなる。
⇒使用頻度が高いと徐々に締まっていきます。
・右に回しすぎるとキャップが脱落する可能性がある。(ネジロックを切らないように注意)

正直言うと、アウトドアで酷使されるならターンスライド式キャップは使わない方がいいかもしれませんね...。タクティカルモデルに採用されていない理由はこれかもしれません。




片手でピント操作できない

IMG_1503.jpg

ピント調整リングはこの位置です。

さらにちょっと固めなので両手で操作する必要があります。右手で保持する場合は左手で調整、左手で保持する場合右手で調整です。ただSOLOはピントが合う範囲が広いです。ピント調理リングをめいいっぱい近距離であわせておくと杉山の狭い視界なら調整の必要はありませんでした。


携行性を優先された結果なのかもしれません。


ngtngn.jpg

この形状なら片手操作がラクなんですが...。






一日だけフィールドで使ってきました。悪くないですね。
双眼鏡に慣れているので、単眼鏡に慣れる必要があります。
右目で覗きながら左手で左目を覆うようにして使うと違和感なく使えました。

ターンスライド式キャップはもう使うことはないでしょう...。
というかほとんど壊れてしまいました...。モノはいいのに残念です。
まぁ前使っていたコーワの双眼鏡なんて完全に外れてしまっていましたが...w


ぼくはユーティリティクリップが使いたくてこの単眼鏡を選びましたが、別にクリップなんてなくてもいいと言う人はもっと安い単眼鏡を使われてもいいかもしれませんね。

↓こちらをチェックしてみてください。
双眼鏡が壊れたので新しいのを...
良さげな大口径単眼鏡をピックアップしています。



「ここの写真がみたい!」「これどうなってんの?」
などなど質問があればコメント欄にどうぞ 写真アップします! 
↓↓モチベーション向上の為、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
関連記事

スポンサードリンク

最新記事

ユニフレーム キャンプナイフ Oct 18, 2019
山で猟師から誤射された話 Oct 14, 2019
『全国鉛弾規制』 アンケート結果と狩猟者の声 Oct 12, 2019
ゆるキャン△カトラリーセット Oct 12, 2019
ベネリM2 ライフルドチョークの命中精度 Oct 11, 2019
散弾銃紹介:モスバーグM590 Oct 10, 2019
トランギア メスティンが素晴らしすぎる件 Oct 07, 2019
ミロクMSS-20は絶滅する Oct 04, 2019
鉛弾規制は賛成?反対? Oct 02, 2019
新しく購入したアウトドア料理セット!! Oct 02, 2019
M870ハーフライフル 各社サボット命中精度比較 Sep 25, 2019
散弾銃紹介:イズマッシュ サイガ20 Sep 23, 2019
山歩きに調味料を持っていく方法 Sep 22, 2019
散弾銃紹介:レミントンM870 Sep 21, 2019

カウンター

人気記事ランキング

猟銃&実猟オススメ記事

検索フォーム

プロフィール

リロ氏

Author:リロ氏
↓↓↓ランキング参加中です。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村


【プロフィール】
平成生まれのゆとり世代
20歳の冬に内地にて狩猟デビュー
いつもはサラリーマン
所持歴9年目の週末ハンター
けもの道2019春号の表紙に載りました!

質問、コメントはTwitterのダイレクトメッセージを開放しているのでそちらからお願いします。↓↓
Twitter:リロ氏@ly_rone

※所持している銃について
部品交換取付及び改造は全て店に委託し、生活安全課にて適切に書換・変更を済ませてあります。バランサーエクステンションやストック等も全て銃砲店を通して合法・正規品を購入しております。

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
75位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
10位
サブジャンルランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: